AntiquesAMUSE

/あきChanネル

酒器として、漆器片口・麦藁そば猪口

思わず、美味しいお酒が・・
今宵のつまみは何にしようかなとか!

一本の木から削り出した木地に黒と朱の漆が時代を重ね、
江戸時代中期ぐらいでしょうか、ほど良い形と色合いを感じます。
寸法は21㎝の径に高さは16㎝

時代を思い日本酒をなみなみと注ぐか
料理の器に・・・
呑兵衛は嬉しくなる。

今晩の酒は、黒糖焼酎の喜界島をロックで
ピリ辛ちぎり蒟蒻ときゅうりをねぎとごま油で和えた二品、器は印判皿と瀬戸片口小鉢、麦藁そば猪口です。